genjituwokaeru2
「諦めなければ夢は叶う」は本当でしょうか、

「人間あきらめが肝心」とも言います。

「どちらが正解でしょうか?」なんて議論を交わすことはナンセンスですよね。

あなたがそう思えばそのようになります。

「夢を持ったって叶いっこないし、そう簡単に現状は変わらないよ」「努力すれば報われるなんて嘘っぱちだ」という声もチラホラ聞こえてきそうです。

もちろん、そう思った瞬間に夢は文字通り夢に変わり、それ以上成長することはありません。

しかし人はなぜ、夢を諦めてしまうのでしょうか?
夢を思い描いたとき、何かを決心したとき、あれ程熱く情熱的に語っていたのに・・・

もちろん夢は変わるものなので、時代や自分を取り巻く環境のよって調整していくのは「あり」だと思います。

少し違う切り口からその理由を考えてみます。

「もともと、それは夢じゃなかった」という事が言えます。

「それを言ってしまえば身も蓋もないじゃないか」と言われるかもしれませんが、
これは非常に大事で、「何が何でも夢を叶えたい!」という強い思いがないと人は変化を嫌いますので、すぐに現状のコンフォートゾーン(心地よい空間)に戻ろうとします。

さらに言うと、あなたの夢は(希望は)既に叶っているのです。

「これまた突拍子もないことを言うなー」とお思いでしょうか?
しかし、これらの発想に気づくか、気付かないかでこれからの人生大きく変わります。

今の自分の状況に満足が行かず、夢に向かって行動しても、すぐに諦めてしまう。
「自分を変えたい」と思っても何をしていいのか分からない、
とお思いの方、もう一度言いますが、「あなたは既に夢を叶えています。自分が望んだ通りの自分になっています」

これは、あなたが「顕在意識」の中で思い描いた夢よりも遥かに強大な願望、「変わりたくない」という思いが、「潜在意識」の中に刷り込まれおり、それが今のあなたを作り出しているからなのです。

つまり今の自分は心の奥で「そうなりたいと」望んでいる自分なのです。

この潜在意識を書き換えないと人は変わる事も、夢を叶える事もできません。

しかし今ままで生きて来た、仮に40年間築き上がった潜在意識を変える事はできるのでしょうか?

出来ます!

しかしそれなりの方法と時間はかかります。

私は以前、自分ほどネガティブな人間はいないというほど、マイナス思考の持ち主でした。

それが、どうして今ではしっかりと夢を持って、友達から「いい加減大人になれよ」と言われても、全く動じない強い精神状態になれたのか、

私が知らず知らずのうちに行っていた事、今でもしている事をお話します。

1、まず、自己啓発の本、成功者が書いている本を読みまくる。

まずはインプットですね。情報を入れる事によりチャンスが訪れた時にしっかりとキャッチできるようになります。

2、ユーチューブなどで成功者が発信している動画を見る。

これは本を読む事と似ています。
ポッドキャストなどの音声でも良いと思います。
私の場合は「寝ながら音声を聞く」という事をしています。
これには意味があり、寝る前に入れた情報が一番潜在意識に刷り込まれやすいと言われてます。

3、夢や情報を語れる(共有できる)友人、パートナーを持つ

これはアウトプットと呼ばれますが、情報や知識はインプットした後アウトプットして初めて自分の潜在意識に刷り込まれていきます。

ここで問題も生じます。
人によって夢を語ると、「そんなの無理に決まっている!」とあなたの夢を邪魔するドリームキラーが現れます。
ですから話す相手を選んだ方が良いでしょう。

4、環境を変える
これは一番難しいかもれません。
仕事を変える、引越しをする、付き合っている友達・パートナーを変える。
成功し自分が変わって来ると必然的に付き合う人や環境は変わってきます。

「そこまでしたくないよ」と思われたあなたは、つまり潜在意識の中で「成功したくない、変わりたくない」と深く刷り込まれてしまっています。

本当に仲の良い親友にあなたの夢を語ってみてください。

「いつまでも子供みたいな事を言うなよ」と反対されたら、その人はあなたにとってドリームキラーとなります。
成功すためには距離を置いた方が良いでしょう。

夢を本気で叶えるのか、現状のコンフォートゾーンに留まるのか、それはあなたの本気度次第なのですから。