muiski

夢や目標を決めてもなかなか行動に出せないですよね。
実は今まで私もそうでした。

「自分を変えたい、成長したい」と思って決断するのですが、
いざ、行動に移そうとしたら、なかなか思うように動けない。

多くの人が経験する非常にもどかしく、悩ましい問題ですが、
この行動心理は脳科学的に明確な答えが出ています。

それは私たちの心の奥にある「潜在意識」が邪魔をしているからなのです。
「自分を変えたい、成長したい」という思いが
やりたい(Want to)ではなくて、やらなければ(Have to)になっているのです。
「潜在意識」が「今まのままの方が楽だよ」とそっと呟いているのです。

「いや、そんなことはない!」
本気で「自分を変えないといけない、今まのままではダメだと思っている」

皆さんそう言われかもしれません。

しかし、皆さんの心の奥には
「でも、本当に自分は成功できるのだろうか、成功するには大変な努力が必要なんだろうな、そう簡単に成功できるわけないよな」というようなマイナスのイメージ「潜在意識」が何十年と生きていく間に凝り固まって存在しているのです。

人間は生まれた時には「潜在意識」というのは存在しません。
ミルクを飲みたい、眠たい、泣きたいといういわば本能のままに行動するだけです。

成長するにつれて、周りの環境により様々な「意識」・「知識」を植えつけられていきます。

親が一所懸命働いている姿を見て、「仕事とは一生懸命、汗水流して働くのもんなんだ、お金を稼ぐのは大変なんだ」

親や親戚から、「成功している人は特別なんだよ、お前は無理をせず普通で平凡に生きてくれればそれで良い」なんて言われたり

学校の先生から「君の成績ではA大学は無理だから、B大学にしなさい」とか

私たちはこれまで生きてきた人生の中で、知らず知らずの内にネガティブシンキングを植えつけられ続けています。

脳の中は
約95%のマイナス的(現状から変わりたくない)な潜在意識が人の心を支配していると言われています。

なので、どれだけ強く成功を願っても、そう簡単に潜在意識には勝てないのです。

では、どうやって潜在意識に打ち勝つか

あるいは潜在意識を書き換える事ができるか、

それは、環境を変えることです。

親元にいる人は親から独立する、ネガティブなパートナーといる人は別れたほうが良いかもしれません。

そして、成功している人と一緒に居る機会を増やす事(今はSNSがあるので誰でも簡単にアプローチは可能です)

前向きになれる本や動画、(ポッドキャストも大変良い)などのコンテンツに片っ端に触から触れまくる。

そうすると、ある程度時間はかかりますが、だんだん意識は変わってきます。
そして、ある時急にそれ(潜在意識に打ち勝つこと)はやってきます。

背中に電流が走るように居ても立ってもいられなくなる程の興奮がやって来ます。

そこまで来れば後は行動あるのみです。

前向きに行動をしていれば自然と良い人材とチャンスとお金が寄ってきます。

その為にも毎日、「自分は何でもできる、夢は叶う」と信じてアンテナを高く張り巡らし、勉強をしましょう。

「習慣は第二の天性なり」です。